カテゴリー
未分類

ライブ配信で稼いでいくコツなどについて

2020年に口コミなどで評判になっているのが「ライブ配信」ですが、昨今はこれを副業として行う人が増加中のようです。
誰もが容易にライブ配信が可能になっている現在、スマホさえあればコストをかけずに隙間時間で行えるのも増加の要因と言えます。
くわえて、YouTubeのように動画編集をしなくてもよいというのも利点です。
編集スキルがなくても行えるので、そこも容易に始めやすいということにつながっています。
他の仕事と比較しても、副業にしやすい領域といえます。
また、本業で培ったスキルなどを活用するのもよいでしょう。
そして、配信を開始したらそこから「ライバーデビュー」となりますが、今回はライブ配信アプリ「Pococha」を例にとって、どのように稼いで行けばよいのかを見ていきたいと思います。
まず、「Pococha」のライバーとしてやっていくなら、なるべく毎日配信したほうがよいでしょう。
「Pococha」で配信すると貰えるダイヤには、「時間ダイヤ」と「盛り上がりダイヤ」の二つが存在しています。
「時間ダイヤ」は時給と同じく、人気などに応じてランクが分けられており、高ランクになるほど時間あたりの価値が上がります。
そして、「盛り上がりダイヤ」はコメントや視聴時間などに応じて「盛り上がり度」が判断されます。
いきなり多くの盛り上がりダイヤを得るのは困難ですが、時間ダイヤは配信さえすれば貰えるので、まずは毎日配信していきましょう。
そして、ライブ配信を行う際の注意点ですが、まずは防犯の問題があります。
配信している際の発言内容から個人情報が漏れたり、配信している際に映り込んだ背景から自宅などが特定されてしまうことがありえます。
Pocochaでは、NGワード機能や24時間監視体制を敷き、ライバーの安全を確保するための用意はしていますが、自分でも注意しながら配信していくことが大切です。
また、TwitterのアカウントとPocochaのアプリを連携させると、プロフィールの欄にTwitterのプロフィールが表示されてしまうので、身バレするおそれがあります。
匿名性を確保するためには、新規のアカウントを作っておいたほうがよいでしょう。
このように注意点もありますが、人気が出てくれば報酬は上がりますし、リスナーに挨拶するなど、コミニュケーションの場としても利用することができます。
本人が楽しんでいるとその空気は視聴者にも伝わるので、楽しみながら配信するというのが最も重要かもしれません。