カテゴリー
未分類

自分の特技を副業にする

2020年で口コミのいい副業といえば、物販が圧倒的に多いです。ですが、売るものには限りがありますかし、在庫を抱えるリスクもあります。

そこで、物以外を売るということも考えられます。
スマホ副業のなかには、自分の特技やアイデアといったスキルを販売することができます。
ですが、スキルは売れば必ず成功するのかというと、そうではありません。口コミだけを信じて始めると、大きなデメリットに繋がる恐れもあります。
ここでは、スマホでスキルを売るメリットやデメリットについて解説します。

スキルを売るメリット

スマホでスキルを売るメリットは、好きなことを仕事にできることです。人には、それぞれ趣味や特技があります。
イラストを描いたり、文章を書いたり、または翻訳など日頃から自分がしていることが、そのまま仕事になるのです。

スマホ副業というと、簡単に聞こえるかもしれませんが、大きく稼ぐとなると、ある程度の技術が必要になります。
ですが、自分の好きなことを仕事にすれば、技術を学ばなくていいぶん、すぐに仕事を始められます。
それに、好きなことを仕事にすることで、ストレスを感じなくてすみます。

スキルを売るデメリット

スマホで簡単に売れるスキルですが、メリットだけではありません。そのなかには、デメリットもあるのです。
それは、料金設定の難しさです。物を販売するときには、ある程度の金額が決まっています。ですが、自分のスキルを売るときには、どれだけの金額を設定すればいいのか、決めることか困難です。

大きく稼ぎたいと思ったら、ついつい料金設定を高くしてしまいがちです。ですが、高い料金だと購入者がいない可能性もあります。
ならば、料金を下げればいいと考える人もいるでしょう。確かに、料金を下げれば人がたくさん利用してくれるイメージもありますよね。ですが、金額を安くするということは、かなりの数を売らなければ、稼ぎには繋がりません。

そして、なかにはクレーマーもいるため、その対応で戸惑うこともあります。たとえば、似顔絵を描いたとしても、購入者から納得ができないと言われてしまったり、描き直しを頼まれることもあります。

自分の満足のいく結果にならないことも想定されます。そして、ライバルも多くいます。たとえば、lineのアイコンを描く副業を始めたとしても、人気が高いため、ライバルが多く、稼げるかどうかがわかりません。
スマホ副業でスキルを売るときには、何を売るかや、どんなメリットやデメリットがあるかなどを知っておくことも大切です。